レイクアルサは主婦でも借りられる?即日大丈夫?

お金を融資してくれる金融機関は数多ありますが主に銀行とノンバンクに分類されます。

ノンバンクとはいわゆる銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社などがノンバンクと呼ばれます。

クレジットカード会社などは、商品代金の立て替えが主な業務となり利用限度枠内であればキャッシングサービスも受けることができます。

一方、消費者金融は貸金業務専門の金融機関ですから限度枠内ならば借り入れと返済が何度でも可能となることが特徴です。

銀行とレイクALSAの違いは審査時間の長さです。

銀行は金融以外にも為替や証券取引など様々な商品を扱っています。

カードローンの仕組みを紹介します。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中で借り入れや返済を繰り返し行うことができるキャッシングローンです。

毎月決まった日時の借入残高に対して利息が計算されて毎月の返済日に必ず引き落としされる約定返済という返済方法が基本となります。

返済金額は残高によってランク分けされて決まっているためその金額の範囲内で利息分を差し引いた後の金額が元本の返済となります。

ですから、利息の計算日までにできる限り元本を減らしておくことが利子を減らす有効な方法となります。

返済方法には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入を得たときなどにある程度まとまった額を返済することで効率良く元本を減らすことができます。

銀行の他に消費者金融やクレジットカードでのキャッシングがあります。

昔は銀行からお金を借りるためには複雑な手続きが必要で融資までに時間がかかりましたが最近では銀行でもカードローンが取り扱われるようになったので、比較的短時間で借りられるようになりました。

消費者金融と銀行の金利を比較してみるとただ、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンというのも存在しますので、一概にレイクALSAのほうが金利が高いとは言えません。

消費者金融は貸金業という法律によって規制されているため銀行を規制する銀行法とはまた別の法律の適用となります。

金融業において貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制と呼ばれる融資金額のリミットがあることです。

総量規制は、個人の年収の1/3を超える金額の融資を禁止するものでこの規制によって、利用者の借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

そのため、無収入の専業主婦などの人たちは消費者金融に借り入れを希望しても仮審査の段階で弾かれてしまいます。

ちなみに、銀行は銀行法で規制されているため総量規制はありません。

金融業者各社の借入れの条件や金利などといったデータはネットにまとめられているランキングサイトを見れば一覧することが可能です。

各消費者金融会社ごとに詳細をまとめて掲載しているところもありますし、一覧表にして比較しやすく表示してくれるサイトもあります。

消費者金融ごとにおすすめポイントが掲載されていたりするので、消費者金融にあまり知識がない人でも、簡単に比較することが可能です。

しかも公式サイトへのリンクを貼って誘導してくれるサイトが普通なので比較後、すぐに利用申し込みの手続きをすることもできます。

又、レイクALSAの一覧サイトの中には、審査に申し込む時の記入方法や審査をクリアするためのコツを教えてくれるサイトもありますので、積極的に利用することをお勧めします。

普通、レイクALSAのキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高金利となる場合が多いです。

レイクALSAのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%というところが多いですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので明らかに低金利なことが分かります。

最大貸出限度額はレイクALSAの場合は500から800万円となっていることが多いですが銀行カードローンの最大貸出限度額は一部の銀行を除いて800から1 200万円と高額です。

しかしその一方で、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますがレイクALSAのキャッシングは事業用資金として使用することを認めている場合が多いです。

又、銀行の場合は同行に口座を開設するなどといった条件が付く場合がありますがレイクALSAの場合は預金機能がないので、口座開設などといった条件が付随することもありません。

人気が高い金融機関の理由は低金利で審査時間が早いといった理由があげられます。

しかし、レイクALSAの場合、総量規制が影響しているのでサービス内容で個性が出しにくく借入限度額に関しても、借り手によって左右されるので大きな要因にはなり得ないと思われます。

人気ランキング上位のデータを見比べてみてもいずれの消費者金融も審査時間が最短30分であったり、金利は最大18.0%程度なので大きな違いはありません。

諸条件よりも、手続きが簡単であるかや提携ATMが多いことなどが人気の理由のようです。

又、テレビなどのCMに起用されているタレントさんのイメージやCMから伝わる企業イメージというのも大きく影響しています。

お金を融通してもらう方法としてカードローンがありますが銀行の提供によるものと、レイクALSAの提供よるものとで2種類があります。

銀行カードローンというと低金利で、貸出限度額が大きいのですが審査が厳しいこともあり、属性が高い人におすすめしたいカードローンです。

一方、レイクALSAのキャッシングはというと、金利が高めで、最大貸出限度額も低く、個人の年収や借入れ状況によっても限度額が大きく変化します。

このことから、レイクALSAの方が銀行よりも諸々の条件で不利な点が多いように思えますが、銀行と比較すると、レイクALSAのキャッシングの方が審査に通りやすいため属性に自信が無い方でも審査に通る可能性があります。

レイクALSAのキャッシングは審査の結果も非常にスピーディーで、即日融資もあるので急いで借りたい!手っ取り早く借りたい!という人におすすめします。

複数の消費者金融から借り入れをしている人は多重債務者と言ってどこからも貸してもらえなくなる可能性があります。

飲み会やセミナーでお金を使いすぎてしまったなど予定外の出費で、生活費が全然足りない...ということがあると思います。

そんな時、レイクALSAならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も必要なく、スピーディーに借り入れることができます。

引用:レイクALSAは主婦も借り入れできる?在籍確認方法【審査口コミ】

最初は躊躇してても、一度カードローンを利用してみると審査時間が短く現金を手にすることができるので自分の口座から預金を引き出す感覚で、どんどん借金を重ねてしまう人も多いようです。

預金感覚で引き出していると、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者と掛け持ちすることになってしまいますのでくれぐれも注意して下さい。

カードローンを申し込むにはいくつか方法があり一般的には、郵送、電話、インターネットといった申し込み方法があります。

郵送の場合は、店舗や電話オーダーで申込書を入手して必要事項を記入した後に返送して審査結果を待ちます。

審査にクリアしたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封し送ると手続きが行われて、ローンカードが郵送されてくることになります。

ちなみに、パソコンやスマホからの申し込みの場合サイトに設置されている申込フォームに入力して送信するだけです。

審査が通過した旨のメールが届いたらメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップロードすれば審査が完結する「web完結」が最近のカードローン申請の主流です。

レイクALSAのキャッシングの審査は割と通りやすいため審査に落ちる人には、必ず何か理由があると思います。

まず、過去に自己破産をした人や返済が滞った事がある人はブラックリストに入っている可能性があります。

また、総量規制という年収の1/3を超える借入はできないという規則に引っかかってしまっている可能性もあります。

要は、年収300万円の人は100万円が限度額となり、その人がすでに他社より50万円の借入がある場合、新規カードローンでは50万円が限度額になるということです。

又、複数の金融業者から借金がある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査に通るのは難しいと言えるでしょう。

レイクALSAのキャッシングの良いところは簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので審査時間が短く利用することができることですよね。

しかし、カードローンは使い方によってはとても便利なものなのですが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなる可能性もあるのです。

住宅ローンというものは数千万円を長期に渡って返済していくローンになりますので借り入れを希望する人はまずは金銭的に安定していることが求められます。

カードローンを利用している人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされてしまうでしょう。

完済していてもローンカードを有しているだけで審査が不利になってしまいますので住宅ローンを組むことになった場合、カードローンは解約しておいたほうが無難です。

現在の消費者金融には怖いイメージはないと思いますが、一昔前まではサラ金や街金と呼ばれ裏稼業という感じの怖い業種でした。

当時はバブル経済と呼ばれ金銭感覚がマヒしてしまった人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金で借金を繰り返すという人が続出しました。

借り入れたお金には利息をつけて返済する義務があるのですが気軽に借金する人ほどお金に対する感覚がマヒしてしまっているので当然返済できるわけがありません。

一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますので当時はかなり暴力的な手段で取り立てを行っていたようです。

現在は怖い人たちによる乱暴な取り立て行為は法律で禁止されていますので昔のように玄関先で大声で怒鳴り取り立てるようなことはありません。

消費者金融と言うと堅気じゃないと思われがちで悪しき者というイメージを持つ人が多いのが現状です。

バブル崩壊期は酷いもので法律を無視した暴力的な取り立てや自宅や会社へ押しかけて取り立てるといった行為が横行していました。

現在は法律が改正されたことにより銀行傘下に入る企業が多くなりブラック企業のイメージは払しょくされつつあります。

最近では、テレビのコマーシャルに好感度のタレントを起用したり借金を意識させない内容にして、レイクALSAのイメージアップが成功してきています。

一方でCMの内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまって何のCMだか全然分からないという声聞こえてきます。

レイクALSAのキャッシングと銀行カードローンにはそれぞれ、メリットデメリットがありますので比較してみましょう。

レイクALSAのキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高い、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と規制を受ける法律が異なっており貸金業法にはこれまでなかった総量規制というものがかけられるようになりました。

これは、個人の借り過ぎを防ぐために設定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保を必要とするローンは除外されカードローンやキャッシングといった無担保ローンにだけ適用される規制となっています。